水漏れ修理の事なら【水漏れ修理navi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-527
  • 選ばれる理由
  • 水漏れ修理naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • 良くある質問
  • お客様の声

止水栓の設置場所

水漏れ修理

突然の水漏れの応急処置法としても有効ですが、水まわりの修理を行う前には、水道の元栓である止水栓を閉めましょう。
止水栓を閉め忘れると修理中に水が溢れてしまうことがあるので、万が一の事態に備えて止水栓の場所や閉め方を覚えておきましょう。

止水栓の場所

「止水栓を閉めて下さい」そう言われてすぐに行動に移すことができる人は一体どれぐらいいらっしゃるのでしょうか。
建物の構造や住宅環境によっても設置場所は異なりますが、戸建ての場合一般的な場所として
・玄関近くの鉄製のふたの中
・水道メーターから少し離れている場所
に設置されてる事が多いです。

アパートやマンションなどの集合住宅にお住まいの方は1階に全戸のメーターや止水栓がある場合があるので注意が必要です。 止水栓は必ず各部屋に対してひとつありますのでうっかりお隣さんの水道を閉めてしまわないように、 水道メーターの検針の時に投函される用紙に記載されている番号と、対象となる部屋の設置メーターの番号を控えておくことをお勧めします。 また、大家さんが水道料金を戸割りにしている場合、止水栓は1つしかないため、 その止水栓を止めてしまうと建物中の水が出なくなってしまいます。 もちろん、そういった事にならないように、大家さん以外の人には触れない場所に設置されている事が殆どなので、 どうしても止水栓を止めなくてはいけない場合は早急に大家さんに連絡をしましょう。

水に関するトラブルなら【水漏れ修理navi】にご相談!

スタッフ待機中!