水漏れ修理の事なら【水漏れ修理navi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-527
  • 選ばれる理由
  • 水漏れ修理naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • 良くある質問
  • お客様の声

水道料金の減免申請

水漏れで高額の水道料金を請求されたら

上下水道局の配水管から各家庭で使用される給水管や蛇口は、家主の持ち物となるので、 漏水で発生した水道料金についても原則として支払う義務が生じます。 各市町村によって水道料金の減免に関する申請内容は異なるのですが、基本的には過失や重過失に基づくものではないという事実が判明すれば水道料金を減免することができることができます。 この場合の「過失や重過失に基づかないもの」は、宅地内の給水管や、水道設備の損傷や故障が原因となるものが対象です。

水道料金の免税を申請する時に勘違いしていけないのは、「水道料金の減額制度」は漏水による水量のすべてが減免対象ではないとう事です。 あくまでも「減額制度」なので、よほどの場合でない限り増加したと考えられる水量の1部は負担しなくてはいけません。 また、漏水(水漏れ)に伴う水道料金の減額制度は、漏水のため、余分に払わなくてはいけなくなった金額を返金するためのもので、決して修理にかかる費用を補助するためのものではないというところです。

水道料金の減額制度を適用する場合は注意が必要です。
必ず、上下水道の配管修理はお住まいの担当水道局が定めた業者で修理をしてもらい、その上で、上下水道料金を減免できるかを水道局にお問い合わせください。

お問い合わせ頂いた後、減免できると判断された場合は別途水道局の窓口で申請を行う必要があります。 申請して頂いた内容を基に審査をし減免金額が確定すると、後日書面にて減免金額が通知されます。 水道局が定めた指定給水設置工事事業者の確認はお住まいの担当水道局にお問い合わせ頂く事で紹介をしてもらえます。

水に関するトラブルなら【水漏れ修理navi】にご相談!

スタッフ待機中!