水漏れ修理の事なら【水漏れ修理navi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料 フリーダイヤル0120-949-527
  • 選ばれる理由
  • 水漏れ修理naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • 良くある質問
  • お客様の声

水道料金のしくみ

水道料金は、各都道府県ごとにある水道事業を運営する水道事業体ごとに異なります。 水道事業体ごとの水道料金の違いには原水の水質の違いや、土地ごとに必要な設備投資の違いが影響しており、田舎であればあるほど都会に比べて設備投資が必要となることから水道料金は高額になる傾向があります。

水道事業体ごとに異なる水道料金ですが、基本的な計算方法は統一されており、給水管の口径の大きさごとの基本料金と、水をたくさん使うほど高くなっていく従量料金の合計が請求される水道料金になります。 従量料金というのは、使用水量に応じて一立方メートルの単価が段階ごとに高くなる累進制で、使用している給水管の大きさや使用水量によって一立方メートルの料金は異なります。 7つの段階を設けることによって、生活に必要な水は安価で供給して、多くの水を使用すると水道料金が高くなっていくことから節水を促すことができるようです。 漏水が起こったときは通常よりも使用水量が多くなるので単価の段階が上がって高額の水道料金を請求されることになるのです。

トイレや蛇口などの目視で確認できる箇所の漏水は減免されないですし、減免は一回分の上下水道料金のみが対象となるので水漏れや漏水が判明した場合は早急に修理を行いましょう。

水に関するトラブルなら【水漏れ修理navi】にご相談!

スタッフ待機中!